2014年 10月 14日農地中間管理事業が進んで参りました

茨城新聞(10月13日)一面トップに推進活動をしている農地中間管理事業について、記事掲載されていました。いち早く市議会でも一般質問させていただきました。

県南・県西は希望面積がとても多いことがわかる。担い手は1106件今後、登録が増えるとしても県内の農地を守って耕作する戸数として足りてるのか、担い手がバランスよく配置されているのか心配ですね。

農地を貸したい出し手(地権者)の募集が今後、本格化することになります。

4b617e62abacfebda5a0e8786affbb55

茨城県の耕地面積は、平成22年現在174,100haで全国第2位(うち水田99,600ha)。年々減少する傾向にあり、耕地利用率も減少傾向が続いていますしっかりと出し手と担い手をマッチングさせて、末永く集約した営農経営が出来る環境を整えて参りましょう。

© 2017 Tsukubanoujyo Co.,Ltd. All Rights Reserved. Photo by Bax. Designed by AXROS.