本物の味、本物のお米

筑波山 縁むすび

常陸小田米

SCROLL

t-campaign

Concept「筑波農場のこだわり」

筑波山麓より流れ出る良質な水。肥料には落ち葉を2年間熟成発酵させた有機肥料を使い、農薬を最小限に抑えました。また収穫したお米の保管方法も美味しさを損なわない為に低温倉庫で管理するなど「美味しく召し上がっていただくためには手間暇を惜しまない」事をモットーに作っております。
常陸小田米その味は、粘りと甘みが増した最高級の艶々したふっくらでモチモチした食感がなっております。
香、つや、粘り、のどごし、いずれも最高の出来のコシヒカリです

レンゲ農法レンゲ農法
昔は日本のいたるところで行われていましたが、化学肥料を使う栽培と比べて、手間がかかるため衰退してきたレンゲ農法。レンゲソウは空気中の窒素を取り込み、それらが枯れて土に混ぜ込むことで窒素を土に補給することができます。それが有機質100%の肥料でお米を生産することができます。
特別栽培法特別栽培法
農林水産省のガイドラインに沿って化学肥料や節減対象農薬を慣行基準の 5割以下に抑えて栽培されたお米のことです。
筑波農場では肥料には2年間の時間をかけて熟成発酵させた落ち葉を使い、土壌にたっぷりの酸素と栄養を与えてた自然農法です。
アイガモ農法アイガモ農法
近年有名なアイガモを水田に放つ農法のひとつ。アイガモを放飼することで雑草や害虫を食べて、その排泄物が稲の養分となる。またアイガモが水田を泳ぐことにより土が攪拌され、根を刺激し肥料分の吸収が良くなるなど、中耕により稲穂の成長を促進する効果があると言われています。

筑波農場が取得した各種認定書はこちら

取扱商品一覧

その昔献上米として名高いお米、小田・北条米です。
つくば市小田の真面目な生産者が作った、幻のお米私たちが作るお米は、有機肥料をふんだんに使い、農薬の使用を最低限に抑えた力強い、おいしいお米です。
低温倉庫で14℃前後に保たれており、1年中いつでも最高の状態でお届けします。平成5年度より食味検定機にて、90点を常にクリアー安全・良食味の「まぼろしの米」として好評のお米です。
どうか、1粒、1粒、1年間丹精込めて作った私たちの頑張りを、是非、あなたの口で味わってみて下さい。

  • 放射性物質検査結果
  • 残留農薬検査結果

Event田植え・稲刈り体験会

筑波農場では、子供達に農業体験を通じて、お米の知識や食育を学んでもらうために、田植えから稲刈りまで子供達に体験してもらっています。
筑波農場主催で毎年田植えは5月に、稲刈りは9月に行っているイベントで毎回200名以上の参加があります。
しかも育てている農法は、自然を利用したアイガモを放し飼いにしたアイガモ農法で、全く農薬を使わずに育てています。
イベントの最後には炊きたての常陸小田米を実際に食べてもらいます。
また新鮮な野菜などの直売コーナーや昔懐かしいばくだん菓子なども、みなさんと一緒になって作っていきます。

  • event-01event-01
  • event-02event-01
  • event-03event-01

FAX申込用紙はこちら

[FAX送付先] FAX.029-867-3272

Information & Weblogお知らせ & ブログ

  • 2016年 07月 28日 県南地域「地域オリジナル米」販売促進協議会の総会に出席しました。 県南地域「地域オリジナル米」販売促進協議会の総会に副会長として出席しました今朝は地域一帯で空中防除で4時起き… 続きを読む >
  • 2016年 07月 27日 つくば青年会議所歴代理事長会議に第27代理事長として、出席しました。 つくば青年会議所歴代理事長会議に第27代理事長として、出席しました 2016年度斎藤理事長より、2017年度第35代理… 続きを読む >
  • 2016年 07月 27日 つくば市筑波土地改良区の監事会、理事会に出席しました。 つくば市筑波土地改良区の監事会、理事会に副理事長として出席しました2議案を審議しました。 農地耕作条件改善事… 続きを読む >
© 2016 Tsukubanoujyo Co.,Ltd. All Rights Reserved. Photo by Bax. Designed by AXROS.